Powered by Six Apart

« 感染対策 と 初ブログ更新 | メイン | 離島フィールド開催報告~2週間遅れですが・・・~ »

2010年9月 8日 (水)

肺炎球菌ワクチン学習会

 皆さん、こんにちは。

 南診所長 常森将史です。

 昨日に引き続き本日も学習会を行いましたので、ご報告。

 いきなりブログ更新が2日連続で飛ばし気味ですが、

イベントがあればちょくちょく更新したいと思っています。

 さて、本日の学習会は「肺炎球菌ワクチン」について。

 学習風景

Cimg0325  今日は職員も多く参加して、今年度の学習会の中で最大の参加者数でした。

といっても、11名ですけどね。

 寒くなって肺炎など感染症の多くなる前に多くの適応患者さんに打ってもらいたと思っています。

 そのため、10月は「肺炎球菌ワクチンを勧める強化月間」にする予定です。

 職員にも知識をつけてもらいたいと、お知らせしたところ多くの職員が参加してくれました。

皆さん、ありがとうございますm(_ _)m

 

 

 

そして、今日学んだことは以下の通りです。

 ・肺炎は日本人の死亡原因の第4位であること

 ・肺炎球菌による肺炎は肺炎の原因菌の中の28%以上を占めること

 ・肺炎球菌ワクチン接種により侵襲性肺炎球菌感染症のリスクが70%ほど低下すること

 ・高齢の方で慢性的な肺の病気がある方で、インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンを接種することで、入院リスクを63%、死亡リスクを81%減少させるデータがあること

 ・日本での肺炎球菌ワクチン累積使用数は高齢者人口の8%未満であり、まだまだ接種していない高齢の方が数多くいること

 ・肺炎球菌ワクチンの公費助成が行われている自治体が全国に多数あり、鹿児島県内では与論町、奄美市、和泊町があり、そして7月から龍郷町が加わったこと

 今、思い出せるのは以上です。

 

 公費助成があるのは大きいですよね。

 奄美大島内では奄美市と龍郷町の住民は公費助成を受けられるのに(助成対象者に限りますが)、

 我が瀬戸内町とお隣の宇検村と大和村では全額実費でなければならないという悲しい現実があります。

 

 10月は「肺炎球菌ワクチンを勧める強化月間」と書きましたが、公費助成がないと全額自費ですから、収入の少ない方にとっては受けるのをためらう一因になってしまいます。

 ちなみに、当院では医療生協組合員さんには5700円、非組合員さんには8200円で接種させて頂いています。

 結構な金額です・・・。

 

 そこで、「瀬戸内町にも肺炎球菌ワクチンの公費助成を!」と署名活動をしようかと計画中です。後日、ご報告致します。

 

 ご協力いただける町民の皆様、よろしくお願いします!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/341360/25021023

肺炎球菌ワクチン学習会を参照しているブログ:

コメント

祝 ブログ復活!

お疲れさまです。
ブログ復活しましたね!

これからも更新を楽しみにしています。

中村です。
頑張っておられて嬉しい限りです。
自分もやっと色んな事に手を出そうかなという余裕が出てきました。
この前は、青木先生の勉強会に参加しにはるばる大隅鹿屋病院へ行ってきました。
後学会発表も症例報告ですが2回ほど年内に出す予定です。
9/17には鴨池の栃木先生をお呼びして喘息の勉強会をする予定です。
お互い頑張りましょうscissors

今本さん

ありがとうございます。
やろうやろうと思っていたのですが、なかなか手が回らず
というか、もともとの無精な性格が災いしてここまで
かかってしまいました。

なんとか苦なくできるようになったので、
ご期待に応えられるよう更新して参ります。


大介先生

コメントありがとうございます。
学会発表楽しみにしております。
指導医をしつつ自己研鑽は大変でしょう。
先生は期待の星、私のあこがれです。
いつも後ろからこっそりちら見しています。
頼もしい限りです。
早く追いつき、追い越せるよう私も頑張ります。

コメントを投稿