Powered by Six Apart

« 離島フィールド開催報告~2週間遅れですが・・・~ | メイン | 1年の締めくくり »

2010年10月22日 (金)

水害

みなさま、こんにちは。

南大島診療所 常森です。

さて、ニュースで連日伝えられている水害のお話です。

とてつ もない状況になっています。

被害にあわれた方も多数おり、本当に心が痛みます。

南診のある瀬戸内町も例外ではありませんが、

住用・龍郷に比べればましのようです。

私自身は瀬戸内町古仁屋(瀬戸内町の中心地)から出てはいないため、

必ずしも正確なことは言えませんが、崖崩れのため通行止めが多数発生しました。

徐々に解除されているようです。

南診は写真のごとく、水が流れ込んでくるか・・・というところまできました。

 Cimg0340_3

  

Cimg0342   

 

 

 

 

 

 

 

Cimg0344  

 

が、なんとか浸水せずに済んでいます。

1階にある胃カメラやエコーなどの機材を

2階に運ぶなどして、対策をとりましたが、

取り越し苦労でした。

診療の方はほぼ問題なくできていますが、

今日は、名瀬から特診で来ていただく先生

が来られず、受診された患者さんには大変

ご迷惑をおかけしてしまいました。

すいません・・・。

瀬戸内町も地域によっては断水、停電、

電話回線不通があり、復旧までには

まだまだ時間がかかりそうです。

避難生活で過ごされる方も多数いらっしゃる

でしょうし、その方の健康問題も発生してくる

でしょう。地域の方の健康を守る診療所としては、

予断の許さない状況がしばらく続きそうです。

 

 

そんな暗い話題の中で、元気のでるお話がありました。

同じ鹿児島民医連内の国分生協病院、吉見謙一院長先生より、

お見舞いの電報を頂きました。

(吉見先生、お心遣い、本当にありがとうございます!)

Cimg0345 

 

 

 

 

 

 吉見先生から頂いた電報

  

 

 

また鹿児島民医連の会長税所先生からは、

お見舞いのお電話を頂きました。

(税所先生、お忙しい中、二度もお電話頂きまして、

本当にありがとうございました!) 

情報収集やら浸水への予防策やらで疲弊

していましたが、いろいろな方が気にして

くださっていることを思い、本当に元気が出ました。

私もこんな心遣いの人間になれるよう精進したい

と思います。

暗い話題ばかりですが、

少しでも明るい続報をお伝えできればと思います。

それでは。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/341360/25281013

水害を参照しているブログ:

コメント

本当に大変な豪雨でしたね。まだ気が張っていることと思います。
私も20日に奄美の先生方の忠告を無視して奄美に行っていました。同じ島内にいながら情報が全然得られず、かといって現場に駆けつける手段もなく本当に大変な状況だと実感しました。いろいろな状況がはっきりしてくるこれからが大変だと思いますので、何でもご相談ください。鹿児島のみんなもとても心配しています。
頑張れ常森。頑張れ南大島診療所。

お疲れ様です。
税所先生をはじめとして皆心配していました。特に診療所に大きな被害はない様ですが、住民、組合員さんのことで大変と思いますが、頑張っててください。
コメントでしか言えず申し訳ないんですが応援してます。

ブログが再開していたのですね、嬉しいです。
水害のニュースはネットで知っておりました。
いつもの暮らしに加え、被害対策ありと、病院はじめ皆さま大変なことと思います。
タイもバンコク(私はここに住んでいます)以北、以南が例年以上の水害に見舞われ、
未だにボートで行き来している地方もあります。
被害に会われた地方の一日も早い回復をお祈りしております。

コメントを投稿