Powered by Six Apart

2009年6月20日 (土)

これがハイビスカスの原種です!!

200906051545000

 先日、花天(けてん)という集落に患者さんの

退院前訪問に行ってきたのですが、その集落

でこんなへんてこりんな花を見かけました。

「 フウリンブッソウゲ」といい、ハイビスカスの

原種の一つ(原種が複数あるらしい・・・!?)

だそうです。色や形がサンゴに似ていることか

ら、コーラルハイビスカスともいうそうです。

 大きな花びらに細く深い切れ込みがあって、

後ろに反り返っていて、花そのものが風鈴のよ

うに長く垂れ下がって、雄しべも筒状になって

います。風に揺れる様子がランプにも似ている

ことから英語名では「ジャパニーズ・ランタン」と

呼ばれているとか・・・。土地の人は「ちょうちん

花」と呼んでました。

 最近ではあまり見かけないらしいのですが、

とても可愛らしい花なので、古仁屋の周辺でも

たくさん見かけられたらいいのに・・・と思ってし

まいました。

2009年4月20日 (月)

島ユリの季節です。

200904161713000先週から訪問診察を開始した患者様のお庭に

咲いていた「島ユリ」(テッポウユリ)です。

 沖縄をはじめ奄美諸島や九州に古くから自

生する日本固有のユリで、17世紀末にヨーロ

ッパから渡ってきたのが始まりのようです。

すごく、甘い香りがするんですよ~(^^)。

 以前鹿児島にいた時に、徳之島の友人がダ

ンボールいっぱいに送ってくれた事があって、

40-50本入っていたんじゃないかな・・・、かわり

ばんこに花が咲いていくので、3週間近く、自然

ないい香りが部屋中を満たしてくれてました。

 今回、ネットで調べて初めて知ったのです

が、テッポウユリは夜行性の虫に花粉を運ん

でもらうために、夜に目立つように白い花をつ

けて、しかも夜になるにつれて強く香るんだそ

うです

花の生き残るための知恵って、すごいものです

ね・・・・。


2009年3月17日 (火)

甘い香りに誘われて・・・。

200903171635002  訪問診察の患者さん宅の庭先の「モクレン」

です。あいにく曇りで、写真うつりは今ひとつで

すが、甘い香りに誘われて、思わずパチリと撮

っちゃいました。(香水の材料になる理由がよく

わかる・・・。)

 中国が原産で、鼻炎や蓄膿症を治す植物と

して、日本に渡ってきたそうです。

 花が「蘭」に似ていることから、昔は「木蘭(モ

クラン)」と呼ばれていたこともあるそうですが、

「蘭」よりも「蓮」の花に似ているとして、今では

「木蓮(モクレン)」と呼ばれるようになったそう

です。

 モクレンの仲間(マグノリア属)が、恐竜時代

の地層から化石が発掘されることがあるため

「モクレン」は「地球上で最古の花木」といわれ

ていて1億年以上も前からすでに今のような

姿だったそうです。

つぼみの先が必ず北を向くので、方向を指示

する植物「コンパス・フラワー」とも呼ばれると

か・・・・。花言葉が「自然への愛」「持続性」と

いうのもなんだか納得しますね・・・。

 ちなみに、私はこの花を見ると必ずスタレビ

の「木蘭の涙」が頭の中でリフレインします(^^;)

2009年2月17日 (火)

スモモも桃も桃のうち・・・。

200902171656000

 今日の訪問診察先で見かけました。

「白い桃の花」だと思って近寄ったら、桜にそっ

くりだったので、同行したスタッフに聞いた所、

「スモモ」の花であるとのこと。

「スモモも桃も桃のうち」という言葉があるの

で、ずっと「スモモ」を「桃」の仲間だと思ってい

たのですが、「スモモ」って「バラ科サクラ属」だ

ったんですね~、知らなかった・・・(^^;)

(ちなみに「桃」は「バラ科モモ属」でした・・・。)

今日あたりから奄美も少し冷え込んきました。

また風邪をひいてしまう患者さんが増えるんじ

ゃないかしらん・・・・。

みなさん、くれぐれも手洗い、うがいを忘れない

ようにしてくださいね!

2009年2月13日 (金)

春ですなぁ・・・・。

200902121522000

 島では桜がだいぶ葉桜になってきています

が、今日は訪問診察先のお庭に「桃の花」を

見つけました。小さなつぼみがびっしりついて

いて、もう少ししてこれが満開になるのかと思う

と、ドキドキワクワクしてしまいますね。

 本当なら2週間後に訪問診察の予定ですが、

その時期は、相方さんが学会に参加して一人

でお留守番になるため、今月だけは来週同じ

コースの訪問診察が組んであるんですよねぇ。

来週はもしかして、満開・・・!?

早速おニューのデジタル一眼レフを持っていっ

て写真撮影しようかな(^^)/

 そういえば、本土でも「桜」→「桃」の順序だっ

たっけ??確か、逆だったような・・・(^^;)?

これも「南国」のなせる業!?

2009年1月27日 (火)

南診からの帰り道

こんにちは、今本です。

ちょうどカメラがあったので、緋寒桜を撮ってみました。

20090127_1_2

2008年10月10日 (金)

月夜の晩に・・・。

200810102123000

 先ほど訪問看護ステーションのH所長から電

話がかかってきました。在宅の患者さんに何

かあったのかな?と一瞬あせりましたが、「き

れいな花が咲いたからぜひ先生に見てほし

い!」とのこと。

誘われるがままお宅(うちから1分もしない所)

にお邪魔すると、ものすご~く甘い香りが漂っ

てきました。その先にあったのが、この花・・・。

「月下美人」です。メキシコの熱帯雨林地帯を

原産地とするサボテン科クジャクサボテン属の

常緑多肉植物で、夜に咲き始めて朝にはしぼ

んでしまう一夜限りの花だとか・・・。手のひらよ

り大きな花で、暗い夜でも真っ白に浮かび上が

っています。野生の状態ではコウモリが花粉を

運ぶらしく、最初垂れ下がっていた蕾が、開花

直前になると自然に上を向いて花を開かせ、

コウモリがホバリングしながら顔を花粉まみれ

させながら花の蜜と花粉をなめるのに適して

いるんだとか・・・・。(左の写真の上の蕾が、

明日花を咲かせるようです。)

ちなみに、この白い花びらをおひたしにすると

美味らしいですよ・・・。

200810102123001

2008年10月 6日 (月)

この花なぁ~んだ?

200809301940000

 この花、なんだか分かります?

私は奄美に来るまでこの植物の名前は知って

いましたが、実際に見た事はなく、初めて花を

見ました。

(植物そのものを見た事はまだない・・・・。)

ヒントは「カレーのスパイスの一つ。漢方薬にも

使われる。」

もう分かりましたよね?

そう「ウコン」の花です!!(^^)

ウコンはショウガ科ウコン属の多年草で、「鬱

金」と書くようですが、「ウッコン」が転訛して「ウ

コン」になったようです。「鬱金」の原義は「鮮や

かな黄色」なんだとか・・・。

黄色の色素成分のクルクミンに胆汁の分泌を

促進したり、健胃などの薬効があるそうです。

どこのどなたが持ってきてくれたのかは分かり

ませんが、病棟のナースステーション前に飾っ

てありました。この花もきれいな花ですよ!!

200809301941000

2008年9月 8日 (月)

素敵な花言葉・・・。

200809021601000

 看護師さんから携帯電話のカメラにも「接写

モード」があることを教えてもらったので、早速

往診先に行く途中でパチリ!

 「センニチコウ(千日紅)」とも「センニチソウ

(千日草)」とも呼ばれ、原産地は熱帯アメリカ

で、日本には江戸時代に伝わったそうです。

きれいな花ですよね・・・・。 200809021601002

きれいなのは花だけではありませんでした。

ネットで調べたところ、花言葉が「永遠の恋」

「変わらぬ愛」だそうです。

知らなかった~。

2008年8月 9日 (土)

久しぶりにお花の写真です。

200807151746001

 最近内輪ネタが多かったので(!?)、

久しぶりにお花の写真をどうぞ\(^0^)

往診先のお庭で見かけた花です。ネット

で調べて初めて知りましたが、「デュラン

タ」(別名タイワンレンギョウ)というそう

です。熱帯アメリカ原産ですが、比較的

耐寒性もあるとの事なので、全国で見か

けるはずです。

 左の写真は、紫色に白の覆輪が入って

いる「タカラズカ」というタイプで、他にも葉

っぱがさわやかな色をしている「ライム」と

いうタイプがあるそうです。

 風に吹かれてそよと揺れている姿を見る

と夏の暑さを一瞬忘れてしまう気がします。